素麺 小豆島

小豆島で伝統の製法で麺づくりを行っている庄八の魅力

 

庄八の店舗が存在する場所は、日本古来の書物である古事記にも登場する島である小豆島です。

 

 

瀬戸内海にある島で温暖な気候で、江戸時代に奈良県の三輪から素?作りの技術を伝えたのが始まりで、400年にも及ぶ長い歴史があります。

 

 

庄八の素麺は手延べ素麺となり、機械を使わないで手作業で細い棒状にしていき天日干しを行っており、しかも小豆島の特産のゴマ油も使うなどして味も良いのが魅力的です。

 

 

材料も選りすぐりの小麦や天日塩、きめの細かい水であるバイウォーターを用い、また手延べ作業を行う熟練された職人さんの手によって製造されていきます。

 

 

出来上がった麺自体の特徴はうどんほど太くなく素麺ほど細すぎず、うどんの持つコシと喉ごしが良い細麺となるため、食べた時に食べやすい点があります。

 

 

実際に他の素麺の産地には見られない独特な味の良さからも全国にファンも多く、お中元やお歳暮などの贈答品にも活用されるほどで、貰った方にも大変、喜ばれます。

 

 

小豆島の素麺と言えば、庄八というぐらいのブランドにもなっており、扱っている面は半生、乾麺といった種類もあります。

 

 

また小豆島は醤油やオリーブオイルなどの天然の健康食品も多いため、そういった食品類も併せて販売され人気です。